どの業界でも一緒なのですが風俗業は、先に始めたほうが勝ち、つまりやったもの勝ちのところがあります。
しかし、業種によっては違うこともあるのです。それは吉祥寺のキャバクラなどの風俗店です。

利益を先行するには、大きなリスクを負うため、多くの風俗店は先行した風俗店のコンセプトなどを模倣するのが一般的です。そもそも集客に対しての企画やアイデアには斬新な実用新案があるわけではないので、流行っている吉祥寺の他店の真似をして、集客について追い越せばいいという発送です。要するにお店は、質の良い風俗嬢さえ揃っていればお客さんが来るのです。そういう吉祥寺のお店はいちいち高額な広告宣伝をかけなくても、口コミで自然と広まっていきます。
広まることによってブランド的な要素が強まるのです。具体的にいえば、「あの店はめちゃくちゃ高いけど、サービスはよくて、女の子のレベルが高い」というお客さんの支持が集まれば、女の子たちも、「あの店で働いている」というプライドが生まてくるものなのです。そのようないろいろなことが合体して、ブランドイメージが発生します。高級店といわれているお店ほど、高いブランドイメージで勝負しているということですね。